血液検査でクラミジアならジスロマックを使い感染法学習

俗に言うクラミジアは、クラミジアトラコマティスに感染することによっておこる病気です。よく女性器への感染で取り上げられますが、実は咽喉にも感染することがある病気です。尿道や子宮など、感染場所は意外にも多いです。感染法として主に性行為によります。寄生している小さな菌がうつってしまいますが、多くは無自覚です。よって性行為をするさいはコンドームをきちんとつけるなど、予防に徹することが重要です。また、複数の人と関係を持つなど感染法を増やす行為をしないことです。しかし、あらゆる粘膜に感染する可能性があるクラミジアを防ぐのは難しくなっています。ただの結膜炎だと思っていたら、目に感染していたということもあります。身に覚えがあるようだったら、血液検査をしてください。とくに、これから子どもを持とうと考えている男女はあらかじめ血液検査を受けるべきです。一回の血液検査で感染しているかどうかがわかります。もし感染していることがわかったらジスロマックなどの薬を使って完治することができます。完治したら再発はしません。ジスロマックは妊婦にも使われるほど安全な薬な薬です。一回飲むだけで一週間効果が持ちます。病院に行くのが嫌だったら、個人輸入でジスロマックを購入することもできます。感染法に一つでも身に覚えがあったら早めに検査してジスロマックで治すことがことが大事です。男性以上に女性のクラミジア感染が騒がれるのは、感染していると不妊症や異常妊娠を引き起こしてしまうからです。パートナーを守るためにも、男性も検査を受けて感染していないかどうか確認しなければいけません。クラミジアは再発こそしませんが、再び感染することはありますので、とにかく感染しないように気をつけることが第一です。